クレジットとの比較

キャッシングについては、生涯絶対に手を付けたくない方も多いです。
ただし、クレジットに関してはOKと。
このような方にとっては、キャッシングは借金であり、クレジットはそうではないと考えるようです。

クレジットというと、お買い物で使用することが多いです。
欲しいものがあると、とりあえずカードなどで買っておいて、支払いは後で行うといった形です。
多くの方が経験する形ですが、これはキャッシングとは違います。
しかし、本質的には借金をしていると同じことです。


比較的キャッシングに対して寛容な方にとっては、今必要なものがたまたま現金であり、後で返済をするのだから、クレジットでのお買い物と全く同じと考えます。
確かに、これは間違いではありません。
ですから、クレジットはよくてキャッシングはダメというのはおかしいということです。
これがクレジットもキャッシングもダメというのなら納得ですが、クレジットだけはよくて、キャッシングが違うというのはいかがなものか?ということです。


これがクレジットはあくまでもお買い物の一環であり、いわゆるボーナス払いなどで、今は支払えないけれど、先にはきっと支払うことができるものを手に入れることと考えるようです。
これが、今10万円必要で、ボーナスで返済をするといった形とは違うと考えますが、物なら良くて、現金は悪い、罪悪感があるとされています。
お金の場合は借金でしょう?と結論を出してしまうことで、そんな考えになってしまうといわれています。


○推奨外部リンク
一定期間であれば無利息で借りれるキャッシングを行っている消費者金融です=> 消費者金融